結婚式に行ってきました

先週末、人生で二度目の結婚式に参列してきました。

 

f:id:humotty-21:20131202121831j:plain

 

一度目は新婦友人、二度目は新郎友人です。
2人とも、学生時代に一緒にアカデミック・リソース・ガイド株式会社というところでインターンシップをした仲間です*1。3人しかいなかったので、社会人1年目にして未婚は1人だけになってしまいました*2。なんということだ。
 

f:id:humotty-21:20131202121738j:plain

 

社長の岡本さんのスピーチが今回もあったのですが、年間50本以上の講演をこなす岡本さん、一番得意なのは結婚式のスピーチだという前振りの通り、何度も会場を沸かしきちんとオチを新郎に絡めるというお手本以上の素晴らしいスピーチでした。
 
その中で、「これだと思った人がいたら決めてしまう決断力が素晴らしい」というお話がありました。迷う隙もなく一途に信じられるパートナーと出逢えることは本当に幸せなことですし、その気持ちを信じて自分たちで人生を築いていくことは人間としてもとても素晴らしく、そんな2人をとても尊敬しています。
 
どちらの結婚式でも、式の合間の些細な仕草から、お互いを想い気遣い、共に支えあっていることがよく分かりました。末永いお幸せをお祈りしています。 
 
 
追伸、先日のエントリーの閲覧・スターなどありがとうございました!
本当にご無沙汰なのに、依然と変わらない感じが本当に嬉しかったです。
折よく*3情報の科学と技術にさとしょーさんの図書館系ブログの記事が掲載されていたので、また日を改めてご紹介します。

*1:ARGインターンの結婚式にはハッシュタグがつけられ社長直々に実況されTogetterにまとめられます。みつよしさん&よしのさんご結婚祝い #ariyosiwedding - Togetterとか#三津石結婚 Tweets - Togetterとか

*2:インターン以外を含めても、今のところARGの成婚率は5割です。

*3:勤務先が会員なので発行直後に読んだのですが、それがたまたま再開翌日だったというだけで、断じて偶然なのです。本当です。

ブログを(再び)始めました

初めましての方も、そうじゃない方も、こんにちは。

6年ほど前から「図書館学の門をたたく**えるえす」という図書館系ブログを書いていて、しばらく断筆していたのですが、はてなダイアリーからはてなブログに場所を移してもう一度ブログを始めることにしました*1

もう数年はブログを書いていなかった気分なのですが、「図書館学の門をたたく**えるえす」の最終更新日が2012年で意外と時間が経っていないなと思いました。といっても、勉強会の記録を載せていただけなので、自分で記事をちゃんと書いたのはもっと昔です。

 

「図書館学の門をたたく**えるえす」は、私が念願かなって図書館学の課程を持つ大学に入学した年に、同じようにブログを書かれていた優秀な先輩に憧れて初めました。タイトルはそのフレッシュな気持ちでつけたのですが、そもそも図書館学じゃなくて図書館情報学じゃね?なんてこともわかっていませんでした。ふもふもさんが好きでふもってぃというハンドルネームをつけたのですが、humottyだとひゅーもってぃじゃんなんていう恥ずかしい間違いもしました*2

あれから6年。無知だった学生は、6年間図書館情報学を学び、研究科長表彰も日本図書館情報学会の優秀発表賞も取り、図書館に就職するという夢も果たしてなんだかすっかり燃え尽き症候群になりました。

 

しかし人生はこれからです。こんなところで腑抜けるわけにはいきません。

とりあえず、6年前にブログを始めた時と同じように、初心に帰って新鮮な気持ちで文筆してみようと思いました。

「図書館学の門をたたく**えるえす」では長い読み物やミニ研究みたいなものを書こうと思い頑張っていたのですが、今回はhumottyさんの個人的な私生活の話もたくさんあります。社会人で時間もないので気張らないでやっていこうと思います。なので、タイトルから図書館を外しました。きっとディズニーとご飯とお酒とお酒とお酒でたまに図書館の話になるのではないでしょうか。

 

幸いなことに、実名で文章を書く機会もいくつかいただいていたので、もし今後もそういうことがあればその告知もします。文筆は好きなので、研究でも研究でなくても細々と書いていけたらいいなあと思います。

*1:2013年7月ごとにもブログを始めようと思い立ったらしく、1つだけ記事を書いたことをすっかり忘れていました。既に御覧頂いていた方には恐縮ですが、一旦削除しました。そのうち修正してまた載せると思います。

*2:大学生とは思えない英語力は、残念なことに今も大して変わっていないのです