書きました:この本!おすすめしますと薬学図書館研究集会のGW報告

「情報管理」に毎月掲載されるコラムの「この本!おすすめします」と、「薬学図書館」で特集された平成25年度薬学図書館協議会研究集会のグループワーク報告がどちらも今月号に掲載されました。

  

  • ”≪特集:平成25年度日本薬学図書館協議会研究集会≫参加記およびグループワーク報告(Aグループ)”. 薬学図書館. 58(1), 2014, p.43-44.


今月号の「情報の科学と技術」には、大学の同期だった方のコラムが掲載されていました。この業界、石を投げれば図情に当たるとはよく言われますが、知り合いがたくさんいて、それぞれ活躍しているのを見るのはとても嬉しいです。

「情報管理」のコラムは、執筆にあたって過去のものを読み返してみると、著名な先生方ばかり書かれていて本当にgkbrでした。経験も知識も浅い自分が勧められるような本もなく、であるならば、若い(?)なりに考えていたことを本を交えてお話ししてみようと思い、あのような形になりました。タイトルはもう少し推敲の余地があったと思います(^^;
ちなみに、夜明けの図書館は以前のブログでとっても熱狂的に紹介していました(正統派図書館漫画、誕生!/埜納タオ「夜明けの図書館」 - 図書館学の門をたたく**えるえす。)。今や図書館漫画としてとっても有名なので、紹介するのも今更でしたが。漫画というメディアを用いたことに抵抗を感じる方もいらっしゃったかもしれませんが、それも未熟な若さゆえということで大目に見ていただければ幸いです。

きっと、人により世代により考え方が違うでしょうが、いろんな人の図書館の見方を聞いてみたいなと思います。