サキどり↑「来たゾ!図書館の逆襲!?」で公共図書館特集!(2014年11月9日放映)

NHKのテレビ番組「サキどり↑」で公共図書館が特集されていました!
  
サキどり↑「来たゾ!図書館の逆襲!?」(2014年11月9日放映)
  

放送時間が午前8時から9時の間と、出勤時間のため存在すら知らなかったのですが、たまたまお義母さんが見つけて録画していてくれたのでばっちり見ることができました*1。ありがとうございます!
   
ゲストはなんと糸賀先生。いつもの切れ味鋭い糸賀節でびしばし公共図書館について語っていらっしゃいました。
斬新な公共図書館の取り組みを紹介しながらも、論点は公共図書館の根本的なサービス・理念にからぶれず、”困ったときにはまず図書館へ、わからなければ司書に聞け”というメッセージを力強くつたえるところは、さすが糸賀先生です。
   
最近、武雄市から始まった目新しい公共図書館の建築やサービスに対して、雑誌、さらにはテレビ番組が特集し、一般市民に広く知られるようになりました*2。メディアが伝えることでその他の自治体に波及するという循環ができ、おそらく、これからどんどん、従来の伝統的なタイプから外れた公共図書館が増えていくのだろうと思います。
公共図書館地方自治体に属するものですので、地方分権にあいまって自治体それぞれの特色ある図書館ができることは良いことなのだと思います。街コンであれ、ビジネス支援であれ、その自治体の方針として打ち出したサービスを図書館が提供することは、非常に公共図書館の理に適った形だと思います。
    
ただ、一過的に目新しい図書館やサービスばかりが取り上げられてしまうと、本来の公共図書館が見えなくなってくる恐れもあります。例えば非営利性がなくなってしまったり、自治体の方針を外れてしまったりと、要するにはっちゃけちゃうことがないと良いなあと思います*3
    
その点、糸賀先生はずっと公共図書館を見ておられて、理論的な点を踏まえたうえで、最近の公共図書館の取り組みから公共図書館の役割まで、分かりやすく力強く述べられる方なので、メディアにぴったりですね。
でもテレビということで、少し緊張しておられたような気がしました。
   
   

特集された図書館

カフェや卓球場のある"滞在型図書館"

武蔵野プレイス(東京都)
   

イベントが多数開催される"攻めの図書館"

奈良県立図書情報館   
   

「死ぬまでに行きたい世界の図書館15」リスト(トリップアドバイザー

「死ぬまでに行きたい世界の図書館15」
   

"まちじゅう図書館"

小布施町まちとしょテラソ(長野県)   
   

"絵本の料理が食べられる図書館"

松本市南部図書館(長野県) 
    

"恋人に出会える!かもしれない図書館"

伊丹市立図書館ことば蔵(兵庫県)
   

"ビジネス支援をしてくれる図書館"

鳥取県立図書館
   

*1:家にいても肝心のクロ現を見逃してしまいますが。ありがとうNHKアーカイブ。

*2:散歩の達人」の特集も良かったです

*3:例えば、特集の中にあった地産地消のスーパーと図書館を併設、協働する取り組みは、やり過ぎてしまうと、図書館の非営利性、あるいは公貸権の問題に波及するかもしれません