ディズニー・オン・クラシック2014〜ネバーランド・オーケストラ(東フィル)ラストツアーの可能性?

f:id:humotty-21:20141212194814j:plain
  
アナ雪のおかげで類を見ないほどのチケット争奪戦となったディズニー・オン・クラシック2014(DOC)。
プログラムも予想以上に良く、3回しか行けなかったのが惜しいくらいでした。
公演内容について語りたいことは山ほどあるのですが・・・・
でもまずはこれ。まさかの衝撃でした。
  
The Orchestra Japan 公募オーディション
  
DOCの春公演があるのを見て、メンバーのスケジュール大丈夫なのかな?と思ってたのですが、主催のハーモニージャパンのサイトにはオーケストラオーディションの広告が…
オーディションページの2015年度予定を見ると、ちゃんと「Disney on CLASSIC 2015全国ツアー、第1回定期他(60公演以上/2014年11月現在)」と書いてあります。
  
。。。
  
今年のチケットの売れ行きもあり、今後DOC事業をさらに拡大させるためには、必然なのかなと思います。
加えて、例年短期間の過密スケジュールで全国ツアーを行うDOCは、その移動の負担も大きく、参加するのが大変だというお話も聞いておりました。
  
今のメンバーがいつから参加されているのかは存じ上げませんが、DOCも今年で12周年となり、コンマスの青木さんも、ベースの渡辺さんも、そこはかとなく昨年よりほっそりされているようで、お体大丈夫かなと思ったり…
  
東フィルメンバーはDOC以外のお仕事も多いでしょうし、メンバーの負担を考えても、仕切り直しは妥当なのかもしれません。DOC用にオーケストラを組むことで、演奏会のプロデュースの幅も大きく広がるでしょう。
  
私はネバーランド・オーケストラの演奏がとても好きでした。
アンコール後の青木さんの高速弓振り、1stVn+Vaのノリノリのダンス(いつもサイドのおじいさんが2プル裏に移ったので、今年は2プルが最高でした)、パーカッションお姉さんの魔法のステッキ、管楽器の方も舞台の後ろからぬいぐるみをつけた楽器をぶんぶん振り回して盛り上げてくれました。特に今年のみなとみらい公演で見たハンドパペットのオラフを取り付けた木管楽器のエグザイルダンス、すごく面白かったです。
   
普段は大人しく座って聞くのが当たり前な演奏会であそこまで会場を盛り上げられるのは、お客さんやボーカリストはもちろんですが、ネバーランド・オーケストラメンバーの全力のパフォーマンスがあったからだと思います。
舞台上の人が少しでも恥ずかしがっていたら、お客さんもついていけませんもんね。
演奏ももちろんですが(東フィルですし)、ステージパフォーマンスという意味でもネバーランド・オーケストラが大好きで、それもあって毎年飽きずにDOCに通い詰めていたのでした。
  
そんなネバーランド・オーケストラを見ることが、もしかしたら今日のディズニー・オン・クラシック2014のツアーファイナル公演で最後になるかもしれません。
嬉しいような悲しいような複雑な気持ちですが、幸運にもファイナルを聞くことができるので、めいっぱい楽しんできたいです。
私の勘違いであることを祈りつつ、今はただただネバーランド・オーケストラの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
  
今日は東京国際フォーラムで行うディズニー・オン・クラシック2014のツアーファイナル公演です。
嬉しいような悲しいような複雑な気持ちですが、幸運にもファイナルを聴けるので、楽しんできたいです。